西山地区で農業実務研修を利用しませんか?

就農者募集


事業主体 びほく農協(西山地区)
研修品目 トマト、ぶどう

産地概要

高梁市では、高原地帯の冷涼な気候を活かした葡萄やトマトの栽培が盛んに行われています。特に、ピオーネは430人の部会員が96.1haで栽培し、岡山県随一の産地となっています。またトマトでは、単位当たり収量、生産量、生産額とも、岡山県随一となっています。
西山地区は、標高500mの高原にあり、葡萄、トマトが盛んに栽培されています。地区にある西山維進会が、人・農地プランの作成や空き家の確保等を行っています。

就農後の経営例

経営面積等 資本装備等 目標所得
トマト:30a パイプハウス、養液土耕システム 400万円
ぶどう:50 ぶどう棚 400万円

就農に向けての支援策等

住居
・西山地区では西山維進会で西山観光組合と協力し短期9戸、長期3戸の住宅を確保している。
過去の取組例
・旧備中町に12戸の新規就農住宅を整備し12戸の新規就農者が就農
農地
・人農地プランの作成し農地提供者を確保している。※市で面積を入れてもらう。
過去の取組例
・旧備中町で新規で造成した農地で就農
資本整備
・受入農家や受入地区で中古のハウス資材等があれば紹介している。
・関係機関で、各種補助事業や就農支援資金の活用支援
研修後自立までの支援
・就農初期者に対して関係機関で、経営、技術確立支援を行う。
その他の支援策
・西山維進会としての労働提供
・西山維進会と関係機関で農作物等の基礎技術の習得講座の随時開設

農業実務研修の実施体制

(1)研修の実務実績 ※山光園を入れる

研修期間 研修品目 状況
1 平成15年~16年 ピオーネ・トマト 平成17年就農
2 平成16年~17年 ピオーネ・トマト 平成18年就農
3 平成17年~18年 平成19年就農
4 平成20年~21年 トマト 平成22年就農
5 平成21年~22年 トマト 平成23年就農

(2) 関係機関の推進体制

組織名等 役職等 役割分担
高梁市 農林課
備中地域局
各種支援策の活用推進
西山維進会の活動支援
びほく農協 営農生産部 実務研修の研修主体
西山維進会 農地・住居確保支援
普及センター 栽培・経営技術支援 関係機関のコーディネート

(3) 研修受け入れ農家(候補)

氏名 住所(字まで) 作目 規模
野村 幸市 高梁市備中町西山 トマト 52a
吉村農園(吉家仁) 高梁市備中町西山 トマト 20a
小林 義久 高梁市備中町西山 葡萄 30a

(4) アドバイザー(候補)

氏名 住所(字まで) 概要
吉家 仁 高梁市備中町西山
野村 幸市 高梁市備中町西山
高梁市備中町 トマト部会 湯野支部長
高梁市備中町 ぶどう部会 備中支部長

(5) 研修内容 ※普及センターと協議

新規就農関係の連絡先

びほく農協 営農生産部
TEL:0866-22-4593
FAX:0866-21-1115
WEB:http://www.ja-bihoku.or.jp/

西山維進会
住所:高梁市備中町西山
会長:吉家 仁
TEL:0866-45-2444